ZX Spectrum

ZX Spectrum
ZXSpectrum48k.jpg
ZX Spectrum (1982)
種別 8ビット ホームコンピューター
発売日 1982年 4月23日
販売終了日 1992年 [1]
対応メディア カセットテープ
OS Sinclair BASIC
CPU Z80 @ 3.5 MHz および同等品
メモリ 16  kB / 48 kB / 128 kB
前世代ハード ZX81
次世代ハード QL

シンクレアZX Spectrum(ぜっとえっくすすぺくとらむ)は、 シンクレア・リサーチ1982年イギリスでリリースした ホームコンピューターである。

開発中は ZX81 Colour および ZX82 と呼ばれていたが [2] [3]、それまで( ZX80ZX81)のモノクロ表示との違いを強調するために、 シンクレア卿が「Spectrum(=スペクトル、光をプリズムで分光したときに得られる色の帯)」と名づけた [4]。最終的に8つの異なる機種をリリースしており、1982年にリリースした 16 kB RAM の入門モデルから1987年の フロッピーディスクドライブ内蔵の 128kB RAM 搭載の ZX Spectrum +3 まである。全世界で累計500万台以上を売り上げた(クローンを除く) [5]

Spectrumはアメリカでの コモドール64のように、イギリスで最初に爆発的人気を得たホームコンピュータである。ZX Spectrum の登場により、 ソフトウェア周辺機器を提供する企業が急激に増え [6]、その影響は今も続いている [1]。SpectrumがイギリスのIT業界を生み出したとする者もいる [7]。ライセンス契約とクローンがそれに続き、「英国の産業への貢献」を称えられた クライブ・シンクレアは爵位を得た [8]

1980年代初期のイギリス市場での主なライバルとしては コモドール64BBC Micro があり、少し遅れて Amstrad CPC もライバルとなった。Spectrum のサウンド機能とグラフィック機能を強化したバージョンがアメリカで タイメックス社によってTimex Sinclair 2068として発売されていた。イギリスやアメリカで人気のあったSpectrumであるが、日本では 御三家の力が強く販売されることはなかった。累計で23,000タイトルのソフトウェアがSpectrum向けに発売されており、2010年にも90タイトル以上の新作がリリースされている。

ハードウェア

Spectrum は 3.50 MHzZilog Z80A CPU(または NEC μPD780C-1)を採用。最初のモデルでは、16Kバイトの ROMと16Kバイトもしくは48Kバイトの RAMを搭載している。ハードウェア設計者はシンクレア・リサーチの リチャード・アルトワッサー英語版。シンクレアの工業デザイナー リック・ディキンソン英語版が外観を設計 [6]

ZX Spectrum のカラーパレット

ビデオ出力は RFモジュレータ経由で テレビに接続し、家庭用テレビを単純なカラーグラフィックディスプレイとして使用した。Spectrum の表示機能は今日から見れば低レベルなものだが、当時の小型テレビで表示するには完璧で、ゲームなどの開発も難しくなかった。テキストは本体内蔵の文字セット(ASCIIベースの独自文字セット)かアプリケーションが提供する文字セットを32桁×24行表示し、15色で表示可能である(8色×2輝度で、黒は輝度変化しない) [9]。グラフィック表示も同様の色数で256×192ドット表示である [10]。メモリを節約するため、色の属性情報をテキストやグラフィックデータとは別の32×24のグリッドで保持し、1属性データが1文字の表示領域に対応している。アルトワッサーはこの設計について 特許を取得している [11]

1つの「属性」は前景色と背景色、輝度レベル(通常/明るい)、フラッシュ「フラグ」(前景と背景を一定間隔で入れ替える)から構成される [10]。この特徴を独特の特殊効果に使用するゲームもあったが、color clashattribute clash と呼ばれる表示の乱れも発生しやすかった。この問題はSpectrumの際立った特徴としてユーザの内輪のジョークともなったが、同時に他のホビーパソコンを支持する人々からは嘲笑の的となった。当時、イギリスで使える他のマシンとしては Amstrad CPC などがあったが、このような問題は起きなかった。 コモドール64も色属性を独立させていたが、 スプライトスクロール機能を使ってこの問題を回避していた。

サウンドは最初の機種ではビープ音のみだが、1チャンネルで10オクターブの音高を発生できる。また、拡張バスの エッジ・コネクタを備え、プログラムやデータのセーブ/ロードのために カセットレコーダーを接続するオーディオポートがある。 ZX81よりもセーブ/ロードが高速化しており、信頼性も高まっている。

他の言語で
беларуская: ZX Spectrum
беларуская (тарашкевіца)‎: ZX Spectrum
bosanski: ZX Spectrum
català: ZX Spectrum
словѣньскъ / ⰔⰎⰑⰂⰡⰐⰠⰔⰍⰟ: Спєктроумъ
Ελληνικά: ZX Spectrum
English: ZX Spectrum
euskara: ZX Spectrum
فارسی: اسپکتروم
français: ZX Spectrum
galego: ZX Spectrum
hrvatski: ZX Spectrum
Bahasa Indonesia: ZX Spectrum
한국어: ZX 스펙트럼
latviešu: ZX Spectrum
македонски: Зет-Икс Спектрум
Nederlands: ZX Spectrum
norsk nynorsk: Sinclair ZX Spectrum
polski: ZX Spectrum
português: ZX Spectrum
русский: ZX Spectrum
srpskohrvatski / српскохрватски: ZX Spectrum
Simple English: ZX Spectrum
slovenčina: ZX Spectrum
slovenščina: ZX Spectrum
српски / srpski: ZX Spectrum
svenska: ZX Spectrum
Türkçe: ZX Spectrum
українська: ZX Spectrum