Unicode

この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。
Unicode logo.svg

Unicode(ユニコード)は、符号化文字集合文字符号化方式などを定めた、文字コードの業界規格である。文字集合(文字セット)が単一の大規模文字セットであること(「Uni」という名はそれに由来する)などが特徴である。

1980年代に、Starワークステーションの日本語化 (J-Star) などを行ったゼロックス社が提唱し、マイクロソフトアップルIBMサン・マイクロシステムズヒューレット・パッカードジャストシステムなどが参加するユニコードコンソーシアムにより作られた。1993年に、国際標準との一致が図られ、DIS 10646の当初案から大幅に変更されて、Unicodeと概ね[注釈 1]互換のISO/IEC 10646が制定された。

概要

Unicode は世界で使われる全ての文字を共通の文字集合にて利用できるようにしようという考えで作られ、UnixWindowsmacOSPlan 9[注釈 2]Javaなどで利用されている。

Unicodeでは、文字集合中の文字をあらわす符号位置(コードポイント、符号点を参照)に、「Unicodeスカラ値」という非負整数値が割り振られている。Unicodeスカラ値を文章中などに記す場合などは "U+" の後に十六進法でその値を続けることで表す。BMP(Basic Multilingual Plane, 基本多言語面)内の符号位置は U+0000 〜 U+FFFF の4桁(16ビット)で表すことができ、SMP(Supplementary Multilingual Plane, 追加多言語面もしくは補助多言語面)以降は U+10000 〜 U+10FFFF の5桁または6桁(最大21ビット)を必要とする。

収録されている文字は、各国で標準として規定されている文字集合や実際に使用されている文字を持ち寄り、委員会により取捨選択されている。日本の文字については当初より JIS X 0201JIS X 0208補助漢字を、Unicode 3.1 では JIS X 0213 の内容も収録している。

また収録において、元の各文字集合内で分離されている文字は尊重するが、異なる文字集合に同一の文字が収録されているとみなされるものは、同じ符号位置に割り当てる方針を取っている。この際に集合が膨大であるという理由で、漢字について、中国日本韓国の各規格の 漢字を統合英語版CJK統合漢字としたことは大きな議論となった。

Unicodeでは文字符号化方式も標準化したため、従来見られたShift JISEUC-JPとの間の混乱のようなものは回避されている。

Unicode以前の文字コードとの相互運用性もある程度考慮されており、歴史上・実用上の識別が求められる場合には互換領域がとられ、元のコード→Unicode→元のコードというような変換(ラウンドトリップ変換)において、元通りに戻るよう配慮されている文字もある。しかし、正規のJIS X 0208の範囲内であればトラブルは少ないが、複数の文字集合が混在したり、Shift JISの実態であるCP932EUC-JPの亜種であるCP51932とeucJP-MSなど、対応が違うために文字化けを起こすことがある。

他の言語で
Afrikaans: Unicode
Alemannisch: Unicode
አማርኛ: ዩኒኮድ
العربية: يونيكود
অসমীয়া: ইউনিক’ড
asturianu: Unicode
azərbaycanca: Unicode
Boarisch: Unicode
беларуская: Унікод
беларуская (тарашкевіца)‎: Юнікод
български: Уникод
বাংলা: ইউনিকোড
brezhoneg: Unicode
bosanski: Unicode
català: Unicode
ᏣᎳᎩ: ᏳᏂᎪᏛ
کوردی: یوونیکۆد
čeština: Unicode
Чӑвашла: Юникод
Cymraeg: Unicode
dansk: Unicode
Deutsch: Unicode
Ελληνικά: Unicode
English: Unicode
Esperanto: Unikodo
español: Unicode
eesti: Unicode
euskara: Unicode
فارسی: یونی‌کد
suomi: Unicode
français: Unicode
Gaeilge: Unicode
galego: Unicode
ગુજરાતી: યુનિકોડ
עברית: יוניקוד
हिन्दी: यूनिकोड
hrvatski: Unikod
magyar: Unicode
Հայերեն: Յունիկոդ
interlingua: Unicode
Bahasa Indonesia: Unicode
Ilokano: Unicode
íslenska: Unicode
italiano: Unicode
Basa Jawa: Unicode
ქართული: უნიკოდი
қазақша: Юникод
ಕನ್ನಡ: ಯುನಿಕೋಡ್
한국어: 유니코드
कॉशुर / کٲشُر: यूनिकोड
kurdî: Unicode
Кыргызча: Юникод
lietuvių: Unikodas
latviešu: Unikods
मैथिली: युनिकोड
олык марий: Unicode
മലയാളം: യൂണികോഡ്
монгол: Юникод
मराठी: युनिकोड
Bahasa Melayu: Unicode
မြန်မာဘာသာ: ယူနီကုဒ်
Plattdüütsch: Unicode
नेपाली: युनिकोड
नेपाल भाषा: युनिकोड
Nederlands: Unicode
norsk nynorsk: Unicode
norsk: Unicode
occitan: Unicode
ਪੰਜਾਬੀ: ਯੂਨੀਕੋਡ
polski: Unikod
português: Unicode
română: Unicode
русский: Юникод
संस्कृतम्: युनिकोड
саха тыла: Юникод
Scots: Unicode
srpskohrvatski / српскохрватски: Unikod
සිංහල: යුනිකෝඩ්
Simple English: Unicode
slovenčina: Unicode
slovenščina: Unicode
shqip: Unicode
српски / srpski: Unikod
Basa Sunda: Unicode
svenska: Unicode
తెలుగు: యూనికోడ్
тоҷикӣ: Юникод
Tagalog: Unikodigo
Türkçe: Unicode
ئۇيغۇرچە / Uyghurche: Unicode
українська: Юнікод
اردو: یونیکوڈ
Tiếng Việt: Unicode
walon: Unicôde
吴语: Unicode
მარგალური: იუნიკოდი
ייִדיש: יוניקאד
Yorùbá: Unicode
中文: Unicode
文言: 萬國碼
Bân-lâm-gú: Unicode
粵語: 統一碼