IBook

iBook
Early 2003モデル
iBook G4 14インチ
開発元アップル
種別ノートパソコン
発売日1999年7月21日(オリジナルモデル)
2001年5月1日(Dual USBモデル)
2003年10月22日(G4モデル)
CPUPowerPC G3(オリジナル,Dual USBモデル)
PowerPC G4(G4モデル)
ウェブサイトapple.InkのiBook - 技術仕様の日本語版ページ

iBook(アイブック)は、iMacの成功から約1年後の1999年10月に発売された、アップル(旧アップルコンピュータ)の廉価版ノートパソコン

iMacと同じデザインコンセプトを踏襲し、半透明で丸みを帯びた筐体、ポップなカラーと、それまでのノートパソコンのイメージを払拭するものだった。初心者向けの入門機種という位置付けながら、当時としては珍しく、無線LANカードの内蔵スロットが装備されるなど、先進的な試みも見られた。

インテルアーキテクチャへの移行に伴い、MacBookに後継されることとなる。2006年5月に、PowerBookと共に販売終了となった。

iBook G3 クラムシェル

G3 クラムシェル
カラーバリエーション

iBookは1999年に「iMac to go」(「持ち運べるiMac」という意味)のコンセプトの下、「クラムシェル」と呼ばれる貝殻に似せたボディデザインで誕生した。iBookはブルーベリーとタンジェリンの2色で、当時流行のiMacを彷彿させるものだった。その後、グラファイト、キーライム、インディゴブルー3色を加えた。また、3kgを越える為に実用的ではないが、デザイン上のアクセントとして細いハンドルが付けられている。

クラムシェルモデルはポリカーボネート製の筐体をラバー素材で覆った構造であり、低年齢ユーザーの乱暴な扱いにも耐えられる、頑丈なつくりであった。また、故障箇所となりやすい、液晶ディスプレイ上部から携帯時向けの固定ラッチを排除した。日本国内市場ではノートブックに携行性が求められるので、12インチ以下の液晶ディスプレイを搭載した製品は、バッテリを犠牲にして重量を軽くした製品が多いが、iBookの場合、肉厚で頑丈なボディと公称6時間のバッテリ運用を確保するための大容量バッテリを搭載したため、他社製品に比べ重量が嵩んだ。

他の言語で
čeština: IBook
Deutsch: IBook
English: IBook
suomi: IBook
français: IBook
עברית: IBook
Bahasa Indonesia: IBook
íslenska: IBook
italiano: IBook
한국어: 아이북
lumbaart: IBook
മലയാളം: ഐബുക്ക്
Nederlands: IBook
norsk: IBook
polski: IBook
português: IBook
русский: IBook
Simple English: IBook
slovenčina: IBook
svenska: Ibook
Türkçe: İBook
中文: IBook