GANTZ

GANTZ
ジャンルSFバトルアクション青年漫画
漫画
作者奥浩哉
出版社日本の旗集英社
掲載誌週刊ヤングジャンプ
レーベルヤングジャンプ・コミックス
発表号2000年31号 - 2013年29号
発表期間2000年7月13日 - 2013年6月20日
巻数全37巻
話数全383話
アニメ:GANTZ 〜the first stage〜(第1期)
GANTZ 〜the 2nd stage〜(第2期)
原作奥浩哉
監督板野一郎
シリーズ構成十川誠志
キャラクターデザイン恩田尚之
メカニックデザイン中島利洋
音楽十川夏樹
高梨康治(第6話 - 第26話)
アニメーション制作GONZO
製作GANTZ Partners
放送局第1期:フジテレビ
第2期:AT-X
放送期間第1期:2004年4月10日 - 6月22日
第2期:2004年8月26日 - 11月
話数第1期:全11話(ノーカット版は全13話)
第2期:全13話
映画:GANTZ:O
原作『GANTZ』大阪編
総監督さとうけいいち
監督川村泰
脚本黒岩勉
音楽池頼広
制作デジタル・フロンティア
製作「GANTZ:O」製作委員会
配給東宝
封切日2016年10月14日
上映時間96分
その他公式サイト
テンプレート - ノート
プロジェクト漫画アニメ
ポータル漫画アニメ

GANTZ』(ガンツ)は、奥浩哉による日本漫画作品。漫画雑誌『週刊ヤングジャンプ』(集英社)において2000年7月13日発売の31号から連載を開始し、2006年から隔週で連載、2013年6月20日発売の29号で完結した[1]2004年テレビアニメ化、2011年には実写映画化、2016年にはフル3DCGアニメーション映画化[2]2018年1月には舞台化され上演された[3]。累計発行部数は2100万部以上[4]

概要

作者が高校時代から暖めていた、『必殺仕事人』にSFテイストを加えた「夜にみんなで集まって殺しに行く」物語[5]を描いた青年漫画石森章太郎原作のTV番組『がんばれ!!ロボコン』のガンツ先生がGANTZの名称の由来であり、ガンツの採点シーンもガンツ先生がロボコン達の行動を採点するシチュエーションのパロディである[6]

「日本人に馴染むSF」を目指した、現実と非現実が交錯する世界観、不条理とも言える死と隣り合わせの緊張感、個性溢れる登場人物などが人気を集めている。作者は「正義とは何なのか?」「正義はあるのか?」というストーリーの図式は『GANTZ』のテーマでもあるという[7]

前作『01 ZERO ONE』に引き続き、原稿はCGによって制作されており、作者は「3D漫画」と称している。ShadePhotoshop等のグラフィックソフトを駆使して背景や効果が精密に描画されている。作者いわく3D漫画のために顔しか手で描いていないと誤解されることが多かったが、実際にはロボットやスーツなどはスタッフの技術では誰も作れないため、作者が手描きで描いている。大阪編のハードスーツもすべて手描きであり、「一生懸命描いたのにCGだと思われているところはがっくり来ました」と述べている[8]

最終回の展開は『無敵超人ザンボット3』の影響を受けており[9]、同作の最終話へのオマージュとなっている[注釈 1]

他の言語で
català: Gantz
čeština: Gantz
Deutsch: Gantz
English: Gantz
español: Gantz
فارسی: گانتز
français: Gantz
galego: Gantz
italiano: Gantz
한국어: 간츠
Bahasa Melayu: Gantz
português: Gantz
русский: Gantz
shqip: Gantz
ไทย: กันสึ
Tagalog: Gantz
Türkçe: Gantz
українська: Ґанц
Tiếng Việt: Gantz
吴语: 砍杀都市
中文: 殺戮都市