王莽

王莽
皇帝
王朝
在位期間 8年 - 23年
都城 常安
姓・諱 王莽
巨君
生年 前45年
没年 23年 10月6日
王曼
功顕君
年号 始建国9年 - 13年
天鳳14年 - 19年
地皇20年 - 23年
王莽が発行した貨幣。小刀を模した形状である

王 莽(おう もう)は、 新朝皇帝。字は巨君。『 漢書』などに記されている「」の字の草冠の下の字は大ではなく犬である。

前漢元帝皇后王政君(孝元皇后)の甥で、 成帝の母方の従弟に当たる。 王曼(おうまん)の次男で、 王宇・王獲・王安・王臨・王興・王匡らの父。孫(王宇の子)は 王宗。娘に 平帝皇后 王氏、王曄、王捷らがいる。正妻は宜春侯王咸 [1]の娘。また、王永の弟で、王光の叔父。

生涯

魏郡 元城県(現・ 河北省 邯鄲市 大名県の東方)の人。

皇后に立てられた伯母の王政君の縁故で伯父達が 列侯に封ぜられ、高官として裕福な暮らしを送る中で、父・王曼と兄・王永が早死にしたために王莽の一家のみが侯に封ぜられず貧しかった。王莽は恭倹に身を持し、沛郡の陳参に師事して『礼経』を受け、身を勤め学を広め、儒生並の服装をし、母と兄嫁に仕えた。また、甥の王光を養子として実子以上に熱心に養育し、それに王莽の妻が不平を述べたと伝えられる。

壮年となり、伯父の大将軍 王鳳が病むとその看病を続けたため、王鳳は死に臨んで成帝に王莽を託す。これ以後、 王商王根の推挙と皇太后となった伯母の後ろ盾を背景に王莽は順調に出世する。親戚の 淳于長を失脚させ、 大司馬となると、王莽の勢いは飛ぶ鳥を落とすほどになった。しかし外戚を除こうとした 哀帝が即位すると罷免され、封国へ追いやられたが、国政復帰の嘆願が多く出され、 長安に呼び戻された。

永始元年( 前16年)、新都侯に封ぜられる [2]。哀帝が崩じると、哀帝から皇帝の璽綬を託されていた大司馬 董賢から璽綬を強奪し、中山王劉衎(平帝)を擁立して大司馬に返り咲いた。暫くして 古文経学の大家だった 劉歆を始めとした儒学者を多く招き入れて、儒学と瑞祥・符命(一種の預言書にあたるもの)に基づいた政策を実施。その一方で民衆の支持を獲得するためには手段を選ばず、次男の王獲を奴僕を殺したことで罪に問い、長男の王宇を謀略を為したことで獄に送って、共に自殺に追い込んでいる。娘を平帝の皇后に冊立し、 宰衡、安漢公となった後、 5年には14歳になった平帝が死去した。平帝の死因については後世王莽による毒殺とされることがあるが [3]、漢書本文にはそのようなことは書かれておらず、平帝は幼少時から病弱であったため、病死である可能性が高い [4] 。こんどは遠縁の広戚侯劉顕の子・ 劉嬰を皇太子に立て、自らは「仮皇帝」「摂皇帝」として朝政の万機を執り行った。

更に天下を狙う王莽は古文を典拠として自らの帝位継承を正当化づけようとした。折しも、 哀章という人物が 高祖の預言という触れ込みの「金匱図」「金策書」なる符命を偽作し [5]、これを典拠として居摂3年( 8年)に王莽は天命に基づいて 禅譲を受けたとして自ら皇帝に即位、 を建国した。この出来事は歴史上で初めての禅譲であり、 簒奪に相当する。

『漢書』元后伝によると、太皇太后として 伝国璽を預かっていた孝元皇太后王政君は、玉璽の受領にやってきた王莽の使者 王舜(王莽の従兄弟)に対して向かって王莽を散々に罵倒し、それでも玉璽の受領を迫られると玉璽を投げつけて「お前らは一族悉く滅亡するであろう」と言い放ったと伝えられている。しかし栗原朋信によると、伝国璽の話は王莽伝に見えず、金策書で革命は完成しているのであって伝国璽は必要ない。またそもそも伝国璽は後漢になって出現したもので、王莽の時代には存在せず、この話をそのまま史実と考えることはできない [6]

王莽は 周代の治世を理想とし、『 周官』という書物を元に国策を行った [7]。だが、現実性を欠如した各種政策は短期間に破綻した。また 匈奴高句麗などの周辺民族の王号を取り上げ、 華夷思想に基づく侮蔑的な名称(「高句麗」を「下句麗」など)に改名しようとしたことから周辺民族の叛乱を招き、それを討伐しようとしたが失敗した。さらには 専売制の強化なども失敗し、新の財政は困窮した。

生活の立ち行かなくなった農民の反乱( 赤眉の乱)が続発。王莽が南陽郡で擁立された劉玄( 更始帝)を倒そうと送った公称100万の軍勢も 昆陽の戦いで劉玄旗下の劉秀( 光武帝)に破られ、これで各地に群雄が割拠して大混乱に陥る。遂には頼む臣下にも背かれて、長安城には更始帝の軍勢が入城、王莽はその混乱の中で杜呉という者に殺された。68歳。これにより新は1代限りで滅亡した。王莽の首級は更始帝の居城宛にて晒され、身体は功を得ようとする多くの者によってばらばらに分断されたという。

他の言語で
Afrikaans: Wang Mang
العربية: وانغ مانغ
azərbaycanca: Van Man
беларуская: Ван Ман
български: Уан Ман
català: Wang Mang
čeština: Wang Mang
Deutsch: Wang Mang
Ελληνικά: Ουάνγκ Μανγκ
English: Wang Mang
español: Wang Mang
eesti: Wang Mang
suomi: Wang Mang
hrvatski: Wang Mang
Հայերեն: Վան Ման
қазақша: Ван Ман
한국어: 왕망
Nederlands: Wang Mang
norsk: Wang Mang
polski: Wang Mang
پنجابی: وانگ منگ
português: Wang Mang
русский: Ван Ман
srpskohrvatski / српскохрватски: Wang Mang
svenska: Wang Mang
Türkçe: Wang Mang
українська: Ван Ман
Tiếng Việt: Vương Mãng
中文: 王莽
文言: 王莽
Bân-lâm-gú: Ông Bóng
粵語: 王莽