国民議会 (ベネズエラ)

国民議会
Asamblea Nacional
第4期国民議会
ロゴ
種類
種類
役職
フアン・グアイド大衆意思党)、
2019年1月5日より現職
構成
定数167
Composicion actual Asamblea Nacional Venezuela.svg
院内勢力

(1)野党の政党連合:

(2)与党の政党連合:

選挙
小選挙区比例代表並立制
前回選挙
2015年12月6日スペイン語版
議事堂
LegislativoCentro.jpg
ベネズエラの旗 ベネズエラカラカス
ウェブサイト
Asamblea Nacional

国民議会(こくみんぎかい、スペイン語: Asamblea Nacional)は、ベネズエラ立法府である。一般には「ベネズエラ国会」と表記される[1]2015年選挙スペイン語版で野党が三分の二の議席を獲得したため、大統領ニコラス・マドゥロと対立関係となった。マドゥロ政権は、2017年8月に与党が全議席を独占している制憲議会スペイン語版を開き、国民議会から立法権を接収することを決議させた。国民議会はその決議や制憲議会の存在を無効としているが、マドゥロ政権派の最高裁判所スペイン語版が決議を認めたため、事実上立法権を奪われた状態となっている。2019年1月には国民議会議長フアン・グアイドがマドゥロ政権の正統性を否認して暫定大統領就任を宣言した。

他の言語で