久米邦武

久米 邦武
(くめ くにたけ)
人物情報
全名泰次郎(たいじろう)、丈一郎(じょういちろう)、丈一(じょういち)
別名久米 易堂(くめ えきどう)
生誕 (1839-08-19) 1839年8月19日
肥前国佐賀城下八幡小路
死没 (1931-02-24) 1931年2月24日(91歳没)
学問
活動地域肥前佐賀藩
研究分野歴史学日本史
研究機関弘道館昌平坂学問所、修史館、帝国大学東京専門学校
特筆すべき概念日鮮同祖論邪馬台国山門郡説
主要な作品特命全権大使 米欧回覧実記』(1878年)
『古文書学講義』(1904年)
『上宮太子実録』(1905年)
『南北朝時代史』(1905年)
『裏日本』(1915年)
『国史八面観』(1915年)
テンプレートを表示

久米 邦武(くめ くにたけ、1839年8月19日天保10年7月11日) - 1931年昭和6年)2月24日)は、幕末の佐賀藩士で、近代日本の歴史学における先駆者。幼名を泰次郎、のち丈一郎。易堂と号す。洋画家の久米桂一郎は子、外交官の久米邦貞は曾孫に当たる。

他の言語で
Deutsch: Kume Kunitake
English: Kume Kunitake
français: Kume Kunitake
Bahasa Indonesia: Kume Kunitake
中文: 久米邦武