レイモンド・パトリアルカ

レイモンド・ロレダ・サルヴァトーレ・パトリアルカ(Raymond Loreda Salvatore Patriarca, Sr.、 1908年 3月18日 - 1984年 7月7日)は アメリカマフィア集団の一つで ニューイングランドを仕切っている パトリアルカ一家のボス。息子は同じくパトリアルカ一家のボスの レイモンド・パトリアルカ・ジュニア。

概要

マサチューセッツ州 ウースターの貧しい イタリア 移民の子として生まれる。10歳の頃から ギャングに入り20歳になるまでに4回の逮捕歴があった。頭の切れと口の堅さで有名だった。身体も眼も声も大きかったことから「ミスター・ビッグ」と呼ばれていた。

彼がその名を知らしめたのは1920年代の 禁酒法の時代で、当時闇酒の販売、輸送トラックの乗っ取り、ボディーガード、強制売春や八百長賭博の仕事に関わっていた時期に、当時の ニューイングランドのボスの フランク・イヤコーネに度胸をかわれて組織に入る。その後、さらにのし上がるため、ボスのイヤコーネを友人の ラッキー・ルチアーノに頼んで暗殺した。

その後、 ロードアイランド州の州都 プロヴィデンスでナショナル・シガレット・サービス・カンパニーという煙草販売会社を経営し、他にも不動産業も経営して、表の顔は実業家、裏の顔はロードアイランド、ニューイングランド全体を支配するマフィアのボスにまでなった。

1949年に2年に1度行われる賭博パーティでディーラーを務めるはずのジョセフ・ピーター・ラッジが暗殺されので、代わりを モンタナ・ジョーに依頼した。パーティーには カルロ・ガンビーノヴィト・ジェノヴェーゼジョゼフ・ボナンノらが集まった。

後に、 ジョゼフ・ヴァラキは「パトリアルカは、マフィアになるために生まれてきた男だ」と特別捜査官に語ったという。

他の言語で