フリードリヒ・ヴィルヘルム (ブランデンブルク選帝侯)

フリードリヒ・ヴィルヘルム
(1652年)
フリードリヒ・ヴィルヘルム
(1650年)

フリードリヒ・ヴィルヘルムFriedrich Wilhelm, 1620年2月16日 - 1688年5月9日)は、ブランデンブルク選帝侯及びプロイセン(在位:1640年12月1日 - 1688年5月9日)。プロイセン公国をポーランド支配から解放し、フェールベリンの戦いなどに勝利して領内からスウェーデン勢力を駆逐したため、大選帝侯(der große Kurfürst)と称えられる。

他の言語で
oʻzbekcha/ўзбекча: Fridrix vilgelm