デバイスドライバ

デバイスドライバ(略称:ドライバドライバーデバドラ)とは、 画像ディスプレイモニタープリンターイーサネットボード、 拡張カードやその他 周辺機器など、パソコンに接続されている ハードウェアなどを OSによって制御可能にするために用意された、 ソフトウェアである。

一般に バスや通信サブシステムを経由してそこに接続している 周辺機器と通信する。プログラムからドライバ内の ルーチンを呼び出すと、ドライバが周辺機器に対してコマンドを発行する。周辺機器がドライバに対してデータを送り返してきたら、ドライバは元の呼び出したプログラム内のルーチンを呼び出すなどする。ドライバはハードウェアに依存し、OS毎に異なる。非同期なハードウェアインターフェイスに対応するため、 割り込み処理を提供していることが多い。

概要

ワープロソフト表計算ソフトなどの アプリケーションなどが、モニター、プリンター、ネットワークカードなどの デバイスを利用する際、OSが提供する共通化されたAPI( アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)によってデバイスの機能を利用できるようにしておく。そして、抽象化されたAPIとハードウェアとの間の対応を、各ハードウェア用のデバイスドライバが受け持つ。

このような仕組みを採用することで、結果的にハードウェアの差異を吸収することができる。ソフトウェアプログラマは、特定のハードウェアに対応する細々としたソフトウェアを書かずとも、APIにあわせたアプリケーションプログラムを作ることで、作成したソフトウェアから不特定多数のハードウェアを利用することができる。

他の言語で
العربية: برنامج تعريف
azərbaycanca: Sürücü
български: Драйвер
English: Device driver
Esperanto: Pelilo
suomi: Laiteajuri
עברית: מנהל התקן
hornjoserbsce: Ćěrjak (informatika)
Bahasa Indonesia: Pemacu peranti
italiano: Driver
қазақша: Драйвер
Кыргызча: Драйвер
Lëtzebuergesch: Driver
lietuvių: Tvarkyklė
latviešu: Dzinis
олык марий: Драйвер
Bahasa Melayu: Pemacu peranti
Nederlands: Stuurprogramma
norsk nynorsk: Drivar
norsk: Driver
română: Driver
русский: Драйвер
русиньскый: Драйвер
Simple English: Device driver
српски / srpski: Драјвер
svenska: Drivrutin
українська: Драйвер
中文: 驱动程序
粵語: 驅動程式