セラピス

ヘレニズム期エジプトの神セラピスの姿

セラピスまたはサラピス(Serapis、 古代ギリシア語: Σάραπις)は、 古代における ヘレニズムエジプト習合的な神である。最も有名だった神殿として、 アレクサンドリアの セラペウム( en)がある [1]

起源

プトレマイオス1世の治世下で、エジプト人の宗教と統治者ら( マケドニア人)の宗教を統合する努力が行われた。プトレマイオス1世の方針は、エジプトの神官がかつての外来の支配者の神を呪っていることを踏まえ(すなわち、 ヒクソスによって崇拝された セト)、両方から崇拝される神を見出すことだった。 アレクサンドロス3世アメンを考えていたが、アメンは 上エジプトで信仰が篤い神で、ギリシア人の支配力が強い 下エジプトではそれほどでもなかった。ギリシア人には動物の頭を持つ像はあまり人気がなかったため、ギリシア風の人間の姿をした偶像が選ばれ、 アピスと同一であると宣言した。それが「アセル=ハピ (Aser-Hapi)」(すなわち、 オシリスアピス)と呼ばれ、セラピス (Serapis) となった [2]。そして、この場合の オシリスはカー(霊魂)だけの存在ではなく、完全体とされた。

他の言語で
Alemannisch: Serapis
العربية: سيرابيس
مصرى: سيرابيس
беларуская: Серапіс
български: Серапис
brezhoneg: Serapis
català: Serapis
čeština: Serapis
dansk: Serapis
Deutsch: Serapis
Ελληνικά: Σέραπις
English: Serapis
Esperanto: Serapis
español: Serapis
euskara: Serapis
فارسی: سراپیس
suomi: Serapis
français: Sarapis
hrvatski: Serapis
magyar: Szerápisz
Հայերեն: Սերապիս
Bahasa Indonesia: Serapis
italiano: Serapide
한국어: 세라피스
Latina: Serapis
Nederlands: Serapis
norsk: Serapis
polski: Serapis
português: Serápis
română: Serapis
русский: Серапис
Scots: Serapis
srpskohrvatski / српскохрватски: Serapis
slovenščina: Serapis
svenska: Serapis
Tagalog: Serapis
Türkçe: Serapis
українська: Серапіс
吴语: 撒拉佩斯
中文: 塞拉比斯