クオリティ・オブ・ライフ

クオリティ・オブ・ライフ: quality of lifeQOL)とは、一般に、ひとりひとりの人生の内容の質社会的にみた生活の質のことを指し、つまりある人がどれだけ人間らしい生活や自分らしい生活を送り、人生に幸福を見出しているか、ということを尺度としてとらえる概念である。QOLの「幸福」とは、身健康、良好な人間関係、やりがいのある仕事、快適な住環境、十分な教育レクリエーション活動、レジャーなど様々な観点から計られる。

またQOLには国家の発展、個人の人権自由が保障されている度合い、居住の快適さとの関連性も指摘される。

したがってクオリティ・オブ・ライフは、個人の収入や財産を基に算出される生活水準: standard of living)とは分けて考えられるべきものである。

クオリティ・オブ・ライフと対比される概念として、クオリティ・オブ・デス: quality of deathQOD、死の質)がある[1]

なお以下においては「医療上におけるクオリティ・オブ・ライフ」について述べる。

他の言語で
العربية: جودة حياة
беларуская: Якасць жыцця
Esperanto: Vivkvalito
español: Calidad de vida
euskara: Bizi-kalitate
français: Qualité de vie
íslenska: Lífsgæði
한국어: 삶의 질
lietuvių: Gyvenimo kokybė
português: Qualidade de vida
srpskohrvatski / српскохрватски: Kvaliteta života
svenska: Livskvalitet
Türkçe: Yaşam kalitesi
українська: Якість життя
中文: 生活质量