エフェドリン

エフェドリン
Ephedrine.png
Ephedrine-3d-CPK.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
  • AU: A
  • US: C
法的規制
投与方法oral, IV, IM, SC
薬物動態データ
生物学的利用能85%
代謝肝臓 35%、腎排泄 65%
半減期4時間
排泄22%–99% 腎臓
識別
CAS番号
299-42-3
ATCコードC01CA26 (WHO) R01AA03 (WHO)R01AB05 (WHO)R03CA02 (WHO)S01FB02 (WHO)QG04BX90 (WHO)
PubChemCID: 5032
DrugBankDB01364
ChemSpider8935 チェック
UNIIGN83C131XS チェック
KEGGD00124  チェック
ChEMBLCHEMBL211456 チェック
化学的データ
化学式C10H15NO
分子量165.23

エフェドリン: ephedrine)は、充血除去薬(特に気管支拡張剤)、または局部麻酔時の低血圧に対処するために使われる交感神経興奮剤で、漢方医学生薬として用いられる裸子植物マオウ(麻黄)Ephedra sinica Stapf に由来するアルカロイドである。

1885年(明治18年)、長井長義がマオウから単離抽出した。マオウは、主要な有効成分としてエフェドリンを含んでいる。マオウ類の他種においても同様にこの成分を含む。

塩酸エフェドリンは、交感神経興奮効果を利用した様々な用途に使われている。現在では、主に感冒薬(風邪薬)、鎮咳薬を中心として、薬効をよりマイルドとした誘導体である dl-塩酸メチルエフェドリンが、気管支拡張剤として使用されている。日本国内においては医薬品としてヱフェドリン「ナガヰ」錠 25 mg、アストフィリン配合錠などが販売されている(注射剤のみが処方箋医薬品である)。乱用の危険性があり、含有する一般医薬品は1箱に制限されている。

ソーマと呼ばれるヴェーダゾロアスター教の祭祀用飲料は、古代において原型となったものはマオウ由来ではないかと考証されており、主要成分としてエフェドリンを含んでいた可能性が高い。

他の言語で
العربية: إفيدرين
تۆرکجه: افدرین
català: Efedrina
čeština: Efedrin
Cymraeg: Effedrin
dansk: Efedrin
Deutsch: Ephedrin
English: Ephedrine
Esperanto: Efedrino
español: Efedrina
euskara: Efedrina
فارسی: افدرین
suomi: Efedriini
français: Éphédrine
Gaeilge: Eifidrín
galego: Efedrina
ગુજરાતી: એફેડ્રિન
hrvatski: Efedrin
magyar: Efedrin
հայերեն: Էֆեդրին
Bahasa Indonesia: Efedrina
italiano: Efedrina
한국어: 에페드린
lietuvių: Efedrinas
latviešu: Efedrīns
Bahasa Melayu: Efedrina
Nederlands: Efedrine
norsk: Efedrin
polski: Efedryna
پښتو: افدرين
português: Efedrina
română: Efedrină
русский: Эфедрин
srpskohrvatski / српскохрватски: Efedrin
Simple English: Ephedrine
slovenčina: Efedrín
српски / srpski: Efedrin
svenska: Efedrin
Türkçe: Efedrin
українська: Ефедрин
Tiếng Việt: Ephedrine
中文: 麻黃鹼