エジプト第31王朝

エジプト
エジプト第30王朝前343年 - 前332年マケドニア王国
エジプトの国旗
(国旗)
公用語エジプト語
首都不明
ファラオ
前343年 - 前338年アルタクセルクセス3世
前336年 - 前332年ダレイオス3世
変遷
アルタクセルクセス3世による再征服前343年
滅亡前332年

エジプト第31王朝は、アケメネス朝ペルシア帝国の事実上の属州(サトラペイア)である古代エジプト王朝。この王朝は短命であり、紀元前343年から紀元前332年まで存続した。この王朝はペルシア王アルタクセルクセス3世によるエジプト再征服とその後の王(ファラオ)への即位によって成立し、アレクサンドロス大王による征服によって滅亡した。

第31王朝は、ペルシア人の王がエジプトを統治する二度目の王朝であり、それ故に「第2次ペルシア支配時代」[1]と呼ばれている。第31王朝が成立する以前、エジプトは三つの現地人による王朝(第28第29第30王朝)による束の間の独立を謳歌していた。

エウセビオス年代記の記録によれば、マネト[2]の『エジプト誌』の記録はこの王朝の成立をもって終了している。従って第1王朝から第30王朝までと異なり、第31王朝はマネトの著作に対する後代の追加の記録によって番号がつけられている[3]


他の言語で