エジプト第26王朝

エジプト第26王朝紀元前664年 - 紀元前525年)は、第3中間期、または末期王朝時代古代エジプト王朝。アッシリアがエジプトを征服した後、エジプトの管理を委ねられたサイスの王家による王朝を指す。このためサイス朝と呼ばれることもある。後にアッシリアの弱体化に乗じて独立を達成し、オリエントの四大国[1] の1つとして大きな影響力を発揮した。美術面ではサイス・ルネサンスと呼ばれる古王国を手本とした伝統回帰の動きが見られた。最後は新たにオリエント世界の覇者として現れたアケメネス朝の侵攻を受けてその支配下に入った。

他の言語で
čeština: 26. dynastie
русский: XXVI династия
srpskohrvatski / српскохрватски: Dvadeset šesta dinastija Egipta