アーネスト・ジョイス

アーネスト・ジョイス
ErnestJoyce
1875年-1940年5月2日(65歳没)
Wildjoyce.jpg
アーネスト・ジョイス(右端)とロス海支隊の仲間、左はフランク・ワイルド
生誕イングランド
軍歴1891年 - 1920年
最終階級准士官
テンプレートを表示

アーネスト・エドワード・ミルズ・ジョイス: Ernest Edward Mills Joyce1875年頃 - 1940年5月2日)は、イギリス海軍の水兵かつ探検家であり、20世紀初めの南極探検の英雄時代に4度南極探検に参加した。ロバート・ファルコン・スコットアーネスト・シャクルトン両隊長の下に仕えた。シャクルトンの帝国南極横断探検隊のときはロス海支隊の隊員となり、グレート・アイス・バリアの大変な旅の後で、瀕死の隊員を何とか安全な所まで運んだその行動で、人命救助をした者に贈られるアルバート・メダルを受章することになった。極圏メダルには4度南極に行ったことを示す4本のバーが付けられた。これは同僚のフランク・ワイルドとジョイスの2人のみが受けた栄誉となった。

ジョイスは卑しい船乗りの出身であり、イギリス海軍では1891年に少年水兵としてその経歴が始まった。南極の経験は10年後にスコットのディスカバリー遠征に上等水兵として参加した時に始まった。1907年、シャクルトンがニムロド遠征で、ジョイスを犬とそりの担当として採用した。その後1911年のダグラス・モーソンによるオーストラリア南極遠征でも同じ役割で参加したが、南極に出発する前に隊を離れた。1914年シャクルトンがロス海支隊にジョイスを採用した。この遠征の英雄的な行動で、南極との関わり、さらには探検家の経歴の終わりとなったにも拘わらず、ジョイスは他の遠征にも参加しようとする動きを繰り返した。

ジョイスはその経歴を通じて、否定する側と肯定する側双方を惹きつける、摩擦の多い性格で知られた。活躍した分野での効率の良さはその仲間の多くから認められたものだったが、その性格の別の面はあまり喜ばれなかった。恨みを根に持つ性質、真実についての高慢さと歪曲がその面だった。ジョイスの日記と、それを元にして書いた著書は利己的でうそつきの作品だと非難された。ジョイスはその遠征から物質的に得るものがなく、南極後の人生は質素な生活となり、1940年に急死した。

他の言語で
العربية: إرنست جويس
Deutsch: Ernest Joyce
English: Ernest Joyce
español: Ernest Joyce
euskara: Ernest Joyce
français: Ernest Joyce
italiano: Ernest Joyce
Nederlands: Ernest Joyce
português: Ernest Joyce
русский: Джойс, Эрнест