アメン大司祭国家

アメン大司祭国家紀元前1080年頃 - 紀元前945年頃)は、古代エジプト新王国末期頃に成立したテーベ(現在のルクソール[1])のアメン大司祭[2]を中心とした国家。日本語表記は一定せず「アメンの神権国家」などとも呼ばれる。

アメン大司祭国家はアメン神殿のあるテーベを中心に上エジプトを統治した。歴代のアメン大司祭はカルトゥーシュを用いるなど王として振舞ったが、下エジプトのタニスに中心をおく第21王朝の権威も承認していた。当初は対立したが、両者は姻戚関係を結び概ね平穏な関係を維持した。やがて第21王朝が倒れ古代リビュア傭兵の子孫シェションク1世によって第22王朝が勃興すると、アメン大司祭国家は第22王朝のコントロール下に置かれることになった。しかし、その政治制度や神殿の勢力はなお維持され、第22王朝の下でもアメン大司祭職は極めて重要な役職であり続けた。