{{#if: 秀逸な記事を読む

選り抜き記事

イスタンブルのハギア・ソフィア大聖堂周囲の4本のミナレットはオスマン帝国時代にモスクに転用された際に付け加えられたもの。

ビザンティン建築は、 東ローマ帝国(ビザンツ帝国、ビザンティン帝国)の勢力下で興った 建築様式である。 4世紀頃には帝国の特恵宗教である キリスト教の儀礼空間を形成し、そのいくつかは大幅な補修を受けているものの今日においても 正教会の聖堂、あるいは イスラム教モスクとして利用されている。日本では、ビザンツ建築と呼ばれる場合もある。

ローマ建築円熟期の優れた 工学技術を継承し、早い段階で技術的成熟に達するが、その後、東ローマ帝国の国力の衰退と隆盛による影響はあるものの、発展することも急速に衰退することもなく存続した。東ローマ帝国の勢力圏のみならずキリスト教の布教活動とともに、 ブルガリアユーゴスラヴィアロシアといった 東欧諸国あるいは アルメニアグルジアなど 西アジアにも浸透していった。その影響力は緩やかなもので、地域の工法・技術と融合しながら独自の様式を発展させた。また、初期の イスラーム建築にも影響を与えている。……
{{#if: 新しい記事を探す

新しい記事

{{#if: 新しい画像を探す

新しい画像

{{#if: 強化記事を読む

強化記事

{{#if: 季節の話題について

風物詩

{{#if: もくじ

インフォメーション

{{#if: ウィキペディアとウィキメディア・プロジェクトについて

ウィキメディアプロジェクト

他の言語で
azərbaycanca: Ana_Səhifə
català: Portada
čeština: Hlavní_strana
dansk: Forside
Ελληνικά: Πύλη:Κύρια
English: Main_Page
eesti: Esileht
euskara: Azala
galego: Portada
עברית: עמוד_ראשי
हिन्दी:
hrvatski: Glavna_stranica
magyar: Kezdőlap
Bahasa Indonesia: Halaman_Utama
қазақша: Басты_бет
македонски:
Bahasa Melayu: Laman_Utama
नेपाल भाषा:
Nederlands: Hoofdpagina
norsk nynorsk: Hovudside
norsk bokmål: Portal:Forside
srpskohrvatski / српскохрватски: Glavna_stranica
Simple English: Main_Page
slovenčina: Hlavná_stránka
slovenščina: Glavna_stran
српски / srpski: Главна_страна
Tagalog: Unang_Pahina
Türkçe: Ana_Sayfa
українська: Головна_сторінка
Tiếng Việt: Trang_Chính